法人印の購入前に知っておきたいこと

法人印鑑のサイズについて

法人印鑑の1つとなる法人実印は、法人設立の際に法務局に届け出る印鑑となります。そのため、法人実印のサイズは一辺が10.00mm~30.00mmの正方形に納まるサイズと定められています。つまり、このサイズに納まる印鑑でないと、法人実印として登録をすることが不可能となります。
また、法人実印のサイズで最も使われているサイズとなるのは、18.00mmとなります。そして、法人実印として風格を求める人が用いるサイズなのは、21.00mmになります。よって、法人印鑑を作成する際は、18.00mm~21.00mmの間のサイズで作成するのがお勧めされます。法人実印は、10.00mm~30.00mmまでのサイズで登録できますが、時には店に印材の在庫があるか確認する必要があります。
それは、10.00mmに近いサイズや30.00mmという大きさを求めた法人実印の作成は、一般的ではないサイズの印鑑として扱われるためです。そのため、適したサイズの印材の在庫がないと、店によってはギリギリのサイズの印材の取り扱い自体がないこともあります。また、印鑑のサイズ以外でも特別な要望があるなら、予め入念な相談を行うことがお勧めされます。法人印鑑のサイズは、最も使われるサイズが18.00mmとなるので、特に拘りがなければ18.00mmの法人印鑑を作成するのが無難となります。

法人印鑑の素材はチタンが良い

法人印鑑の制作は、業者選びがすべてと言っても過言ではありません。アットホームな雰囲気の地域密着型、知名度が高く店舗をたくさん構えているお店など、それぞれのメリットがあるので、ホームページをよくチェックして選びましょう。制作例が掲載されていれば、それを見ればデザイン性の高さが判断できます。
また、いくら技術が優れていても、対応が良くないショップでは利用して良かったという気持ちにはなりません。相談しやすいスタッフがいることをチェックしましょう。感じの良い対応をしていると、そのショップがきちんとした研修があり、教育されていることがうかがえます。
また、印鑑の耐久性にもこだわりましょう。これまでの素材は長く利用すると破損したり欠けたり老朽することも多かったのですが、最近は歯の治療にも用いられているチタンが使われるようになりました。チタンの魅力はなんと言っても耐久性の高さです。壊れにくく欠けることがほとんどないため、買いかえる必要がないほど長持ちするとされています。また、ほかの素材に比べて軽量なこともこの素材のメリットです。やや高額ですが、長い間買いかえる必要がないと考えればお得になります。耐久性と重さで選ぶなら、チタンを選びましょう。

  • 通販でスピーディーに製作可能

    法人印は通販で購入出来る 法人印鑑を選ぶときは、どのように選ぶといいでしょうか?まず、会社を設立したら必要な印鑑は、代表者の個人の名前が入った実印、会社名などを入れる法人実印、法人銀行印は必ず必要になります。それぞれ、注文するときにはサイズもしっかりと確認することが大切です。また必ず必要ではな…

    » 続きはコチラ

  • 法人印の特徴

    法人印鑑の種類について 法人印鑑は会社にとってはなくてはならないものです。しかし、あまりなじみのない方も多いかと思います。そこで、法人印鑑についての基礎知識である種類についてまとめてみました。 ①代表者印 代表者印とは会社実印とも呼ばれ会社を設立する際に押印する非常に重要なものになります。…

    » 続きはコチラ

  • 重要な印鑑だからこそ丈夫なものを

    丸い法人印鑑の印面について 法人印鑑には、丸いものや四角いものがありますが、丸い場合、文字が円形に並んでいるという特徴があります。そのような丸い印鑑では、印面に彫られる文字に決まりがあります。丸い印面では、円が二重になっており、中心の円は「中分」と呼ばれるものです。中分は、印鑑を所有している人…

    » 続きはコチラ