通販でスピーディーに製作可能

法人印は通販で購入出来る

法人印鑑を選ぶときは、どのように選ぶといいでしょうか?まず、会社を設立したら必要な印鑑は、代表者の個人の名前が入った実印、会社名などを入れる法人実印、法人銀行印は必ず必要になります。それぞれ、注文するときにはサイズもしっかりと確認することが大切です。また必ず必要ではないですが、社印や会社のシャチハタなどのゴムの印鑑もあれば便利です。最初に作っておけば、いざ必要になったときに焦らずに済みます。
法人印鑑を作るときは、店舗に依頼して作る方法と、通販で注文する方法があります。確実に安心できるのは、老舗で信頼のあるハンコ屋さんに店舗で注文することです。しかし、最近では通販で法人印鑑を作ることの人気も高まっています。通販で印鑑を注文するメリットは、値段の安さと、スピーディさにあります。会社設立当初に節約したいときや、急いで印鑑が必要な時に便利です。特に法人印鑑はセットでまとめて作ることが多いので、通販ならよりお得になることが多くなっています。
サービスで補償が長くついているところや、サポートが充実しているところもあるので、通販でも安心して大事な印鑑を作ることができます。個人情報管理も徹底して力を入れていたり、老舗のハンコ屋さんが運営したりしている通販サイトもあります。またサイズ、材質など印鑑のことを幅広く調べながら注文できるので、理想のハンコを選びながら確実なものを注文することができます。

法人印鑑の種類や重要性について

法人印鑑には、株式会社などが刻まれた認め印的な役割をする角印や、法人の実印として使用する丸印などがあります。一般的に丸印は重要性が高く、会社設立時に担当省庁へ提出する書類に法人の実印である丸印を捺印します。
丸印は法人の実印として使われる為、部外者から悪用された場合大変なことになりかねないので、印鑑の作りは複雑な作りになっているのが特徴です。角印は、認め印としての使用がメインですが、様々な書類に社名が入っている角印を使用するので、不正に使用されないようにする必要があります。法人印鑑は、実印や認め印以外にも銀行印を使用します。いづれの場合でも、重要性の高い事に印鑑は使用されるので、しっかりとした管理が重要になってきます。
個人の印鑑と比べて法人印鑑は、使用頻度が高いという部分があり、耐久性を意識して予め作成する必要があります。特に実印よりも角印は色々な用途に使われる為、丸印や銀行印よりも耐久性に優れた素材を選ぶのが大切です。角印の素材には、象牙や黒水牛などがありますが、最近では耐久性の高いチタンが素材として使用されるケースもあります。素材には、それぞれに特徴や価格の違いなどがあるので、長期的な使用と使用頻度を見据えて決めるのが大切なポイントです。

  • 通販でスピーディーに製作可能

    法人印は通販で購入出来る 法人印鑑を選ぶときは、どのように選ぶといいでしょうか?まず、会社を設立したら必要な印鑑は、代表者の個人の名前が入った実印、会社名などを入れる法人実印、法人銀行印は必ず必要になります。それぞれ、注文するときにはサイズもしっかりと確認することが大切です。また必ず必要ではな…

    » 続きはコチラ

  • 重要な印鑑だからこそ丈夫なものを

    丸い法人印鑑の印面について 法人印鑑には、丸いものや四角いものがありますが、丸い場合、文字が円形に並んでいるという特徴があります。そのような丸い印鑑では、印面に彫られる文字に決まりがあります。丸い印面では、円が二重になっており、中心の円は「中分」と呼ばれるものです。中分は、印鑑を所有している人…

    » 続きはコチラ

  • 法人印の購入前に知っておきたいこと

    法人印鑑のサイズについて 法人印鑑の1つとなる法人実印は、法人設立の際に法務局に届け出る印鑑となります。そのため、法人実印のサイズは一辺が10.00mm~30.00mmの正方形に納まるサイズと定められています。つまり、このサイズに納まる印鑑でないと、法人実印として登録をすることが不可能となりま…

    » 続きはコチラ