法人印の特徴

法人印鑑の種類について

法人印鑑は会社にとってはなくてはならないものです。しかし、あまりなじみのない方も多いかと思います。そこで、法人印鑑についての基礎知識である種類についてまとめてみました。
①代表者印
代表者印とは会社実印とも呼ばれ会社を設立する際に押印する非常に重要なものになります。会社の意思決定や重要な契約の際に用いられ、会社としての「実印」になります。代表者一人につき一本のみ所有を許されます。
②会社銀行印
会社銀行印とは金融機関で口座開設する際に登記する印鑑です。それ以外の用途では、預金の出し入れや、手形の発行などお金の管理に関係することに使われます。代表者印をそのまま銀行員として使うこともできますが、リスク分散のためにも分けておくとよいでしょう。
③角印
社内の多くの書類で押印される印鑑です。代表者印を使う程でもない場合に使います。非常によく使うことになるので、耐久面に優れたものを用意しましょう。当然、印鑑としては有効なので、押印する際はその書類をしっかりと確認する必要があります。
④ゴム印
伝票や郵便物など会社の事務作業で使用される印鑑です。会社の住所や電話番号、社名などを記載する際に使われ、よく使われる印鑑の一つです。記載されている内容によって、住所印や宛名印などと呼び方が違うことがあります。

法人印鑑の種類やサイズ

法人印鑑とは、会社などを設立する時に代表者や役職印など、会社で使う実印のことをいいます。会社をおこす時に必要なのが法人印鑑ですが、この一本を作っていれば十分なのですが、事業をしていくことで、法人銀行印と角印も揃えておいたほうがよいので、この3本を準備しておくとよいです。
一般的な法人印鑑は、天丸タイプと寸銅タイプの印鑑が使われています。代表者の法人印鑑には、印面が丸い丸天タイプが使われています。法人印鑑は、丸天タイプの印鑑や丸寸銅タイプ、角点丸タイプどちらでもよいのですが、昔から天丸タイプは風格があるとして人気の印鑑になっています。寸銅タイプの印鑑は値段が安いく、法人だけでなく、個人としても使用できます。事業で使われる法人印鑑は、丸い印面の所に2つ文字が彫られています。
法人設立の時に、法務局に届けるときの印鑑のサイズは決まっていて、一辺が10ミリから30ミリ内となっています。大きすぎてはみ出したり、小さすぎてもいけません。特におすすめの法人印鑑のサイズがあり、18ミリから21ミリサイズの大きさが法人印鑑を作成するときのサイズのおすすめになります。安全面を考えた上で、銀行の印鑑は小さ目のものを作っておいたほうがよいでしょう。

  • 重要な印鑑だからこそ丈夫なものを

    丸い法人印鑑の印面について 法人印鑑には、丸いものや四角いものがありますが、丸い場合、文字が円形に並んでいるという特徴があります。そのような丸い印鑑では、印面に彫られる文字に決まりがあります。丸い印面では、円が二重になっており、中心の円は「中分」と呼ばれるものです。中分は、印鑑を所有している人…

    » 続きはコチラ

  • 法人印の特徴

    法人印鑑の種類について 法人印鑑は会社にとってはなくてはならないものです。しかし、あまりなじみのない方も多いかと思います。そこで、法人印鑑についての基礎知識である種類についてまとめてみました。 ①代表者印 代表者印とは会社実印とも呼ばれ会社を設立する際に押印する非常に重要なものになります。…

    » 続きはコチラ

  • 法人印の購入前に知っておきたいこと

    法人印鑑のサイズについて 法人印鑑の1つとなる法人実印は、法人設立の際に法務局に届け出る印鑑となります。そのため、法人実印のサイズは一辺が10.00mm~30.00mmの正方形に納まるサイズと定められています。つまり、このサイズに納まる印鑑でないと、法人実印として登録をすることが不可能となりま…

    » 続きはコチラ