会社にとって大事なものだからこそ慎重に

  • 法人印の購入前に知っておきたいこと

    法人印鑑のサイズについて 法人印鑑の1つとなる法人実印は、法人設立の際に法務局に届け出る印鑑となります。そのため、法人実印のサイズは一辺が10.00mm~30.00mmの正方形に納まるサイズと定められています。つまり、このサイズに納まる印鑑でないと、法人実印として登録をすることが不可能となりま…

    » 続きはコチラ

  • 通販でスピーディーに製作可能

    法人印は通販で購入出来る 法人印鑑を選ぶときは、どのように選ぶといいでしょうか?まず、会社を設立したら必要な印鑑は、代表者の個人の名前が入った実印、会社名などを入れる法人実印、法人銀行印は必ず必要になります。それぞれ、注文するときにはサイズもしっかりと確認することが大切です。また必ず必要ではな…

    » 続きはコチラ

  • 法人印の特徴

    法人印鑑の種類について 法人印鑑は会社にとってはなくてはならないものです。しかし、あまりなじみのない方も多いかと思います。そこで、法人印鑑についての基礎知識である種類についてまとめてみました。 ①代表者印 代表者印とは会社実印とも呼ばれ会社を設立する際に押印する非常に重要なものになります。…

    » 続きはコチラ

素材を選んでネットで印鑑制作依頼

ビジネスの世界で必要となるのが法人印鑑です。様々な役職に合わせた細かいデザインプランを、希望に沿って選択できるのが昨今の印鑑屋さんです。特にインターネットで通信販売を行っている法人印鑑業者なら、依頼から納品まで非常にスムーズとなっているのが快適な要素と言えるでしょう。
評判の良い印鑑屋であれば法人印鑑の細かいデザインだけでなく、印鑑に使う素材も複数から選択する事が可能です。定番の木材系も薩摩本柘や黒檀など、高級感のある素材から印鑑制作を依頼する事が可能です。美しさと温かみのある木材に対し、最近ではチタンといった耐久性の強い金属も人気素材となっています。軽くて丈夫なチタンは、その独特な金属感が男性向けの法人印鑑に向いていると言えるでしょう。
その他には牛角などといった天然素材に、琥珀やクリスタルにアメジストといった宝石素材などもゴージャスさが人気を博しています。大事な書類に押印する法人印鑑ですので、とっておきの印鑑は素材にもこだわっておきたところです。最近ではこういった高級印鑑素材もラインナップが豊富でお手頃料金となってきているので、今まで印鑑に興味の無かった方は、これを機会にこだわりの法人印鑑を検討してみるのをオススメしておきます。

法人印は御社のシンボルと言っても過言ではありません

法人印を普段手にする機会は非常に少ないと思います。おそらく大部分の方は、宅配便を受け取るときに使う認印、銀行の口座開設に必要な実印しかお持ちではないのではないでしょうか。そこで今日は法人印について話していきます。
ハンコというと、実際に押す部分は円形になっているのが一般的ですが、法人印の場合は円形と四角形のものの二種類が存在します。円形の印鑑は起業時に役所へ提出する書類に用います。これは個人における実印の役割を果たします。一方四角形の印鑑は、認印のようなものですが、例えば条件の悪い契約書に安易に押してしまうと、損害は会社全体に及び、恐ろしいことになってしまうので、権限のある人が管理するのが望ましいでしょう。いずれにしても、会社を起こして運営していく上で必須であることに変わりありません。
さて、これから社長になろうという方にとって、法人印をどこで購入するのか悩まれている方もいるかと思います。安く済ませようか、いやけちけちせずに高級なものにしようか。難しいところですが、ハンコのネット通販サイトを見てみますと、級感を保ちつつリーズナブルという、良いとこどりな法人印セットというものが売られています。黒くて厳めしいツヤのあるものから、希少な材料を使ったものまで、ネットで簡単に注文することができます。法人印は言ってみれば会社の顔です。ご自身の会社にふさわしい印鑑はどういうものなのか、じっくり吟味してください。

関東を中心に印鑑の専門店「平安堂」「さくら平安堂」を60店舗展開しています。 当社では、印鑑専門店として様々な素材による印鑑作成を行っており、通信販売によって幅広い地域へ向けて販売を行っています。 10,000円以上送料無料です。 一生使うものだからこそ大切にしたい、想いを込めて作りたい印鑑を最高の技術と、最高の使い心地でご提供いたします。 1か月の注文数:3000本です。 良い品を適正価格です。関東で法人印を作るなら印材数日本一のこちらのサイトへ